上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーヒー豆は生鮮食品、ずるずると書いてきましたが、
今回の劣化したコーヒー豆の判断で最終回です。

コーヒー豆が劣化しているか、いないかの判断は香りのみです。
言い切ってしまいましたが、それしかないと思ってます。

コーヒーを淹れる時、豆袋を開けた瞬間の香りを
嗅いでみてください。
芳ばしい香りが広がります。
まず、この香りを覚えることが大切です。
この豆でコーヒーを淹れるとまず香りがよいです。
豆の個性もはっきり、爽やかな酸も感じられます。

ただ、この香りも時間の経過ととも弱くなっていきます。
だんだんと弱くなっていくとともに、劣化臭がでてきます。
劣化臭が大半を占めた豆でコーヒーを淹れると、香りが弱く、
どのコーヒー豆でも同じような重たい味わいになり、酸も
コーヒー本来のものではなく、いわゆる酸化したものになります。

このときの酸化したコーヒーでムカムカしたり、気持ちが悪く
なたったりして、酸っぱいコーヒーがダメ!と人がほとんどだと
思います。

特に、オイルが浮いているような深煎りの豆は顕著で、劣化臭、
味わい、飲んだ後の体のダメージはより大きいです。
オイルの影響がある深煎りの豆ほど、美味しく飲み切るための管理が
大切です。

コーヒーを淹れる時、袋を開ける度に香りを採る癖をつけると
芳ばしいコーヒー豆本来の香りから、劣化したコーヒーの香りへと
変わっていくのが分かるようになります。
劣化臭がちょこっとでてくると、「ダメになる前にはやく飲んじゃお~」と
なり、不味くて体に悪いコーヒーを飲むことがなくなります。
コーヒー、飲む人、どっちも幸せですね♪

購入したコーヒー豆が最初から劣化してたりすると判断つかないですが・・・(^_^;)
スポンサーサイト
プロフィール

sawachi

Author:sawachi
FRESCO COFFEE ROASTERS
スペシャルティコーヒーロースター
コーヒー豆業務用卸し・通信販売
カフェスペースもあります。

営業時間:
月~金 11:00~20:00
土日祝 10:00~20:00
        水曜定休
東京都杉並区阿佐谷南3-31-1
        いずみビル1F
03-5397-6267

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。